How to get 青物 by モンショ兄やん

房総より全国のショアアングラーに送る青物捕獲方法

外房アジング 2022年2月5日

こんばんは。
アジって青物ですか?

アジって青物ですよね?

ということで先日の青物釣行記をどうぞご覧ください。笑

f:id:monsyo-niiyan:20220207233530j:plain

アジだって青物に決まってる!!!

【釣行データ】

・2022年2月5日(月)
中潮(月齢3.9)
・風:北2~4m
・水温:13℃
・時間:21:00~翌8:00

f:id:monsyo-niiyan:20220207234029p:plain

潮汐なび
 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by モンショ兄やん🐟 (@keisukenobuta)

 

【ナイトはランガン

兄やんの場合(みんなそうだと思うが)ナイトはとにかくアジの居場所を探すべく、朝マズメポイントに移動するまでひたすらランガンし尽くすことにしている。

有名ポイントでタコ粘ってバカをみた過ぎ去りし日のことを教訓に・・・笑

 

結果から先に言うとこの日は鴨川エリア~勝浦エリアまで計5か所の港を回り4か所で竿を出したのだが、結果として4か所全てのポイントでアジを絞りだすことができた。優秀。

と思うかもしれないが、朝マズメを除いた3つのポイントで各1本ずつ。
朝マズメポイントで4本。合計7本🐟
もっと言うと各所2時間ほど粘って1匹という超絶非効率な釣りになってしまった・・・。なぜ??

 

【どこにでもアジはいるのだが・・・】

全てのポイントに共通していたのが、到着後すぐにアジのライズまたはバイトが得られたこと。もちろん群れる習性があるアジが単発でいるわけもなく、相当数のストックがあることが認められた。
そして表層のベイトを意識した頻繁なライズの為、あれこれとパターンを探すうちに結果各所で2時間程度費やしてしまったというわけだ。

ハイシーズンはアジを発見できれば釣果が保証されたも同然だが、
ハイシーズンの過ぎた超低水温期のアジはなかなか口を使ってくれない。
ライズはあるから食い気が無いこともないのだが、、、

 

いまの所この時期のこんなアジを攻略する術は見つかっていないのだが、感じたこと思ったことを下記に備忘録として記載しておく。
何かのヒントになれば、と思います。
そして釣れたらパターン教えてください笑

 

・ライズはあるものの、セレクティブな捕食をしているっぽい。

・ベイトはジャミ、トウゴロウイワシなどの小魚

・ワームのカラーを変えた直後は反応を得られることが多い。

・数投すると全く反応がなくなる

・潮が動くと食い気が出るかも?入るタイミング重要か?

 

ベイトを捕食している為、横の動きや表層早巻き、リアクションなんかも試したが特段反応が変わることはなかった

ジグヘッドも0.6g~1.8gまで様々なものを試したが、特段反応が変わることはなかった

ゼログラヘッドなどで表層ドリフトしたら釣れるかも?(未検証)

 

上記全てのポイントで共通していた為、突破口を見いだせればシビアなこの時期でも爆釣が味わえるのだろう。次回の課題としておくことにする。

 

f:id:monsyo-niiyan:20220208000213j:plain

ナイトはこの1匹以外写真撮り忘れた・・・

【朝マズメはカマス祭りに・・】

3時になったので朝マズメポイントに向かうも鉄火場は相変わらずのマナーと混雑っぷり。こんなところで釣りしたくないやい。ということで釣れるのか釣れないのかわからない小規模港にイン。
堤防にはサビキ勢が数名とアジンガーが2.3名。
こっちは4人で入ったもんだから小湊スタイルでの釣りとなってしまった。
隣に入れてくれたサビキの方には感謝です🐟

 

ここでもナイトで豆が数本釣れるも群れの規模が小さくおまけにアジも12cmほどの超ミニマムサイズ・・
諦めて朝マズメまでにフロートタックルを組んで少し仮眠。

5:40頃から沖へキャストを開始するとすぐにバイト。
重量感なく、右へ左へと暴れまわるファイトのこやつだったか。

 

カマス(写真なし)

 

この日はキャロではなくフロートを組んでしまったばかりにレンジを入れることが出来ず、結果としてカマスの下にいるであろう良型アジを獲ることはできなかった・・・
事故的に1本釣れたが23cmそこそこの平均サイズ。

ちなみにカマスは、毎投バイトがあり、ワームやリーダーはズタズタに。
朝マズメの嫌がらせである。
専門で狙えば100本くらい獲れそうな勢いで乱舞している・・・🐟

少し飽きてきたんで堤防下のマイクロベイトに群がるサバやカマスを眺めているとめっちゃ見慣れた美しい魚体がカマスに突っ込んでるう??!

 

 

 

うお!ヒラマサおるやん!!!

 

 

目測でメーターあるなし、7~8kgの個体だと思うが、20分ほどの間に2度目撃した。
泳がせ持ってくればよかった~~~~(本業はルアーマンです)

 

いいもの見たし満足しながら他人の釣りを眺めていると、サビキ師とアジンガーの釣りわけが面白いほどに綺麗でつくづく考えさせられるな~と感動。笑

 

サビキ師→(仕掛けの上から順にボトムまで) サバ 小アジ 中アジ 中アジ

アジンガー→カマス カマス カマス カマス アジ カマス

 

サバ、アジはアミパターンに完全洗脳されてしまい表層アジ、中層小アジ、ボトム中アジ。

カマスは表層~中層のベイトを追い回しアジングで爆釣。
ボトムに沈めても横のアクションを行った瞬間に喰ってくるもんでもうどうしようもなかった涙

サビキでアジを爆釣しているファミリーは『カマスが釣りたい』と駄々をこね、
カマスを爆釣している我々アジンガーは『アジが釣りたい』と駄々をこねる。

 

謎、現象。笑
だから釣りは面白い。笑

 

 

結局カマスの無限バイトは終わることなく7時のチャイム到来。
キリがないのでストップ・フィッシングとした。

 

終わってみれば実釣10時間程度でアジ7本、カマス∞本。
時速1本にも満たない渋~い釣行となってしまった。

f:id:monsyo-niiyan:20220208010249j:plain

おはモーニングアジ

f:id:monsyo-niiyan:20220208002353j:plain

本日の釣果(リリース3本)

 

毎年のことだがアジングに本腰を入れるころには青物シーズン到来なので、徹底してやることができない。中途半端、凡人並みである。
今年はブログに諸々記録を残しているから来年こそは活用し実釣に活かせるといいな。

 

【タックルデータ】

■ジグ単

ロッド:ブルーカレント53tz(ヤマガ)
リール:16ヴァンキッシュc2000hgs(shimano
ライン:ジャックブライト0.3号(Tict)
リーダー:海藻ハリス(よつあみ)0.8号
スナップ:ラクリップ(Tict)
ジグヘッド:サイコロヘッドJr(クリアブルー)
ワーム:アジアダー(Reins)

■フロート

ロッド:ブルーカレント76tz(ヤマガ)
リール:16ヴァンキッシュc2500hgs(shimano
ライン:アーマードF+Pro 0.3号(DUEL)
リーダー:海藻ハリス(よつあみ)1号
スナップ:ラクリップ(Tict)
ジグヘッド:サイコロヘッドJr(クリアブルー)
ワーム:アジアダー(Reins)

Amazonリンク集】

ショートロッドでキビキビ掛けていく!

ヤマガブランクス 20 ブルーカレント3 53

ヤマガブランクス 20 ブルーカレント3 53

  • ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
Amazon

オールラウンドな釣りにはこっち。

ヤマガブランクス 20ブルーカレント3 63

ヤマガブランクス 20ブルーカレント3 63

  • ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
Amazon

 

 

 

 

 

夜アダー

夜の常夜灯アダー

夜アダー

昼アダー